スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ式記憶術で使う体系化の図式とは?

話題のユダヤ式記憶術!

やり方は?ネタバレします。

ユダヤ式記憶術 詳しくはこちら

覚えているか自信がない…


こんな経験があります。

私は東京大学の大学院にいた時代、予備校で講師をしていました。

多くの生徒が
「自分が本当に覚えられているのか自信が無いんです」
と不安に思っていることを知っていました。

黒板に書かれて説明を聞くと分かった気にはなりますよね。

あるとき休み時間に、
世界史のある分野の知識を生徒に答えさせてみました。

生徒は一生懸命答えはじめました。
しかし、その解答には大事なところで抜けがあります。

すでに授業で学習した分野です。
もちろん彼も説明を聞けば“ああ、あのことか”と思い出せます。

ただ自分から思い出すことができないのです。

私は、予備校で三千人ほどの生徒に教えてきましたが、
同じような例は多く、
受験生には、インプットする(頭に入れる)よりも
思い出すこと(アウトプット)ができない人が多い
ということを実感しました。

参考サイト:試験に受かるユダヤ式記憶術 購入はこちら

もう一つ分かったことがあります。

彼らは、
ある知識と他の知識の間にあるべき「関係性についての理解」が抜けているということ。

この時の世界史の例で言えば、その生徒は、イランとペルシャという言葉の関係性が頭に入って
いなかったために、知識が分断され、全てを思い出せなかったのです。

もう少し広く言うと、体系化された知識が頭に入っていなかったのです。

これは重要な問題で、知識同士の関係性、さらに体系的な知識が頭に入っていなければ、
関係性などを問う問題に答えられないだけでなく、
そもそも何かを「思い出す」ことも難しくなるからです。

これまでに書いた
「思い出すこと(アウトプット)ができない人が多い」と
「体系化された知識が頭に入っていない」ことは、
実は密接な関係があるのですが、もう一つ、
勉強の記憶に関して、必ず知っておくべきことがあります。


ユダヤ式記憶術興味深いですね。

ユダヤ式記憶術公式サイトはこちら
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。